RIZIN.13 2018.09.30


©RIZIN/2016- 株式会社ドリームファクトリーワールドワイド

RIZIN.13

RIZIN.13 本日開催されます。

本日30日(日)さいたまスーパーアリーナで行われている『RIZIN.13』ですが、現在、関東域に接近している台風24号の影響により、20時以降のJRの運行が 中止になるとアナウンスされております。

交通アクセス、お客様の安全面を考慮し、試合順を以下の通り変更することとなりました。

【第1試合】中村 優作vs.マネル・ケイプ

【第2試合】大雅vs.原口健飛

【第3試合】浜崎朱加vs.黒部三奈

【第4試合】朝倉 海 vs.トップノイ・タイガームエタイ

【第5試合】砂辺 光久vs.越智 晴雄

【第6試合】大 砂 嵐vs.ボブ・サップ

【第7試合】ミルコ・クロコップvs.ロッキー・マルティネス

【第8試合】アンディ・ウィンvs.山本美憂

【第9試合】那須川天心vs.堀口恭司 ※19時前に終了予定

【第10試合】鉄拳スペシャルマッチ 日韓対抗戦

【第11試合】ダロン・クルックシャンク vs ディエゴ・ブランダオン

【第12試合】朝倉 未来 vs カルシャガ・ダウトベック

【第13試合】イリー・プロハースカ vs ジェイク・ヒューン

当初、メインイベントを予定しておりました、那須川天心vs.堀口恭司の試合は 19時前には終了の予定です。 以降、試合は実施致しますが、くれぐれもお帰りの足が不安な方は、自己の判断でご帰宅ください。(なお主催者としましては、全試合が19時前後の終了を目指します。重ねてお願い申し上げます)

というアナウンスがされていたので試合会場に行く方は気をつけてください。

 

那須川天心VS堀口恭司の試合

ついに本日この日本軽量級最強同士の試合ですね。昔のK-1魔裟斗VS山本’KID’徳郁の試合を思い出させる試合です。ルールはRIZINキックボクシングルール(58.0kg契約)3分3Rです。キックボクシングルールということで那須川天心選手有利な感じもしますが、魔裟斗VS山本’KID’徳郁の試合でもあったように拮抗した試合になることを期待しています。

 

那須川天心とは?

現在20歳の若者。神童というニックネームをもつ。
日本のキックボクサー、現在はMMAファイターとしても活躍。
RISE世界フェザー級王者。現ISKAオリエンタルルール世界バンタム級王者。
プロ転向後26戦全勝20KOという素晴らしい成績を残しています。
この若さの日本人でプロで26戦というのもすでにすごいです。

 

堀口恭司とは?

現在27歳。史上最強のMade In JAPANというニックネームをもつ。
日本のMMAファイター。今回はキックボクシングルールで那須川選手と試合する。
元修斗世界バンタム級王者。最近は世界最高峰の格闘技団体UFCを主戦場としている。
戦績は27試合25勝2敗15KO。こちらも戦績は負けていません。

まとめ

こんなに盛り上がる試合を組んでくれるRIZINには感謝しかありませんね。以前のK-1も楽しい試合が多かったですが、今は武尊選手を守っている感が否めませんね。K-1側はライバル団体がこんなに格闘技界で盛り上がっているのにそのままで大丈夫なんでしょうか。テレビ放送も減り、日本人チャンピオンも謎に増え、人気もなくなっているのを気付いていないんでしょうか。この試合の勝者と武尊と戦うと盛り上がると思うんですが。自社の利益ばかりで格闘技界全体を見ようとしないK-1は再び衰退の一途を辿るでしょうね。格闘技ファンの一言なので気にせず流してください。
とりあえず今夜の試合を楽しみましょう!!

 

スポーツカテゴリの最新記事