史上最年少で世界全196カ国を制覇!ギネス記録認定!

史上最年少で世界全196カ国を制覇!ギネス記録認定!

史上最年少で世界全196カ国を制覇!ギネス記録認定!

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

OFFICIALLY TRAVELED TO EVERY COUNTRY IN THE WORLD🌍🤯 ⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀ it’s crazy to have years of hard work culminate into one single moment. I’m so grateful to everyone that’s helped me get here. The greatest chapter of my life is coming to a close. Cheers to a new beginning 🎉⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀ ⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀ Photos by @thomasbrag

Lexie Alfordさん(@lexielimitless)がシェアした投稿 –


アメリカ人女性のLexie Alford(レクシー・アルフォード)さんが196ヶ国の独立国を史上最年少で全て訪れたとしてギネスに認定されました。

その年齢は21歳。0歳から旅をしたとしても1年間に9ヶ国もしくは、10ヶ国を訪れないといけない計算になります。

 

彼女の両親は旅行会社を経営していたため子供の頃から両親と共に多くの国へ訪れていました。

アルフォードは2016年、史上最年少で世界196カ国を旅するギネス世界記録を破るという目標に本格的に取り組み始めた。きっかけはアルフォードが18歳になったとき、自分が既に72カ国を旅していたと気づいたことだ。世界記録を破ろうと初めて思ったのは、2016年10月、カリフォルニアの自宅にいた時のことでした」とアルフォード。「高校を2年早く卒業し、地元の大学で準学士号を取得していました。ギャップイヤー(卒業後に進学や就職をせず自由な時間を取ること)を始めようとしていた時、進学はしないことに決め、フルタイムで記録達成に取り組み始めました」

 

彼女の旅のスタイルは

旅行の資金は自分で調達した。途中、ブランドとの提携などで追加の資金は得たが、公式なスポンサーをつけたことは一度もない。「いつか時間を取って旅をしたいとずっと考えていたため、見つけた仕事は全てやり、12歳の頃から貯蓄してきました」

最初の1年半は貯蓄が旅行資金となった。そこからは、カリフォルニア州の自宅にいるときには家族の旅行代理店で旅行コンサルタントとして働き、旅行中は写真やブログ更新を行った。

「一番割の良いプランを見つけるため事前に入念なリサーチをしているし、フライトにはポイントやマイルを使い、ホステルなどの安宿に泊まっています。また、ホテルのためにコンテンツを作成することで宿泊をさせてもらってもいます」とアルフォード。「実家に住むことで毎月の諸経費をできる限り抑えたし、車や学費のローンもありません。いらないものを買うこともしません」

アルフォードはインスタグラムへの投稿で、インターネットとの接続を絶つことで、世界と再びつながるよう頻繁に助言している。「不思議に思う人もいますが、私は一度も海外のSIMカードを使ったことがありません。何か必要なときは、周りの人に話し掛けます。こうした場所を訪れる機会はとてもありがたいことなので、できる限り今を感じるようにしています。1秒も無駄にしたくありません」

「非常に評判が悪く、人が行こうともしない国に好奇心を刺激されます」と彼女は語る。「パキスタンやベネズエラなどでは、普通の旅先よりもとても多くの優しさや美しい自然を体験できました。何も期待していなかった場所で大きな感動を得るものを見つけたことが、このプロジェクトで最も充実した部分でした」

アルフォードによると、世界を旅する中で最も印象的だったのは、意外であり、しばしば危険でもある国を訪れたことだった。「非常に評判が悪く、人が行こうともしない国に好奇心を刺激されます」と彼女は語る。「パキスタンやベネズエラなどでは、普通の旅先よりもとても多くの優しさや美しい自然を体験できました。何も期待していなかった場所で大きな感動を得るものを見つけたことが、このプロジェクトで最も充実した部分でした」

アルフォードが最も苦労したのは、アフリカの西部と中部を旅した時で、ビザ取得の難しさや、観光インフラの不足、言語面での障壁、旅の安全を確保する費用の高さなどの問題に直面した。「フライトやホテル、英語が話せるガイドが少ないため、業者が市場を完全に独占しています」とアルフォード。「(過酷で危険なバス以外の)選択肢は多くないため、こうした企業はどんなに法外な値段でも好き勝手に設定できます。こうした地域を旅することで、私がそれまで経験してきたどんな出来事よりも度胸をつけることができました」

 

現在旅している旅人やこれから旅を計画している人はレクシー・アルフォードの旅のスタイルを真似できるところは真似して欲しいですね。

 

レクシー・アルフォードのサイトインスタグラムで旅の記録が見れます。

旅の予定を計画している方や次に行く国を悩んでる方は、写真だけでも目を通すといいかと思います。

 

まとめ

アルフォードの偉業は羨ましいですが、大変だったことは容易に予想できます。

過去に28ヶ国ほど旅をしたことありますが、また同じような旅ができるかと言われると、正直きつい気がします。

彼女は本当に尊敬できる旅人です。

 

 

 

 

 

 

旅行カテゴリの最新記事