【ボクシング】デイリー新潮が井上尚弥を批判。謝罪するまでは許せない。

【ボクシング】デイリー新潮が井上尚弥を批判。謝罪するまでは許せない。

【ボクシング】デイリー新潮が井上尚弥を批判。謝罪するまでは許せない。

日本ボクシング界の宝(モンスター)こと井上尚弥チャンピオンをデイリー新潮から意味不明な批判を受けて井上尚弥チャンピオンがツイッターで発言することがありました。

 

デイリー新潮が書いた内容は

ボクシングに疎い方には説明しなければならない。井上尚弥(26)の凄さを。

プロボクシングには四つの団体がある。「暫定王者」やら「スーパー王者」やらを設けている団体もあり、誰が一番強いかわからない。

 そこで一昨年から、各団体の王者や有力選手を集めたトーナメント戦が始まった。それが「WBSS(ワールド・ボクシング・スーパーシリーズ)」である。

バンタム級では昨年から8人を集めて戦っている。井上は昨年10月の初戦、5月18日に行われた準決勝をいずれもKOで勝ち抜けた。“真のバンタム級世界一”まであと1勝だ。

しかし、国内での認知度は今イチ。なぜか。

ボクシングライターの弁。

「まず、強すぎて試合がすぐに終わってしまい面白くない。王者になっても弱い相手ばかり選んで防衛を重ねる輩がいますが、ボクシングを知らない人には尚弥もそう見えてしまう」

実際はそうではない。今回2RでKOした相手も、19戦全勝の強者だった。

「あと、話がつまらない。会見やインタビューも全然印象に残らない。名言もない。亀田家とは言わないまでも、本人も家族ももう少しキャラが立ってほしいですよね。母親が闘病中だった長谷川穂積だとか、誤審に苦しんだ村田諒太のようなドラマもないですし」

付言すると、名前も地味。具志堅や丈一郎なら、名前だけでも記憶には残る。

「結局、先に海外で有名になって逆輸入されるパターンかもしれませんね。既に尚弥は日本のファンから離れつつあります。今回も、場所は英国で、地上波の生中継はありませんでした。次戦の開催地はサウジアラビアと言われています」

ちなみに尚弥の弟も世界王者だ。日本で観られる。輪をかけて地味だが。

それに対しての井上チャンピオンは

 

デイリー新潮とは

「デイリー新潮」は、数々のスクープを連発し社会に衝撃を与え続ける総合週刊誌「週刊新潮」が発信する最新の話題に加え、専任取材班よる綿密な取材に裏打ちされた確かな記事を配信するニュースサイトです。

綿密な取材に裏打ちされた確かな記事で既存のウェブメディアとは一線を画した「速く、深い」情報をお届けします。

綿密な取材に裏打ちされた確かな記事で既存のウェブメディアとは一線を画した「速く、深い」情報をお届けします。らしいですね。

 

井上尚弥チャンピオンに対する海外の反応、評価は

トップランク社のボブ・アラム氏がすでに契約を熱望する中、英最大のプロモーターも「イノウエと契約したい」と明言。

ジェイミー・マクドネル(英国)、フアン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)に続き、ロドリゲスというバンタム級の王者を序盤で倒し続ける井上の強さを高く評価する一方、記事では日本国内での人気の高さにも注目している。

時差の関係から、この戦いは日本の衛星放送WOWOWで放送された。しかし、日曜日のプライムタイムにイノウエの国内戦を全て中継してきたフジテレビは録画で放送した。そして、平均約1000万人という衝撃的な視聴者数を記録し、モンスターと呼ばれる男の人気は限界突破を続けている。

半日遅れとなった録画放送でも平均10%超の視聴率を叩き出した人気ぶりに、英メディアも驚きを隠せない様子だ。

バンタム級頂上決戦で「フィリピンの閃光」と対峙する井上。新旧スターによる一戦に注目が集まる中、米スポーツ専門局「ESPN」のスペイン語版格闘専門メディアの「ESPN ノックアウト」公式ツイッターは、ドネアへの尊敬の念と警戒の気持ちをにじませた井上の一言を投稿。ドネアは偉大な選手であり、決勝は細かい差が違いを生む――という主旨のものだ。

 引き締まった表情でシャドーボクシングを行う井上の写真とともに井上のコメントを紹介し、さらに「ナオヤ・イノウエはモハメド・アリ杯獲得に絶対的な自信を持ちながらも、ノニト・ドネアを少しも過小評価していない」というツイートも添えた。対戦相手を貶めるのではなく、ファイターとして尊重しようとする井上らしい流儀にスポットライトを当てている。

イノウエは世界のトップ5に入るよ。ただ今はバンタム級でしょう。この階級で全員倒してもスターにはなれないかもしれない。パッキャオはデラホーヤを倒してスターになった。スターになるには、すでにスターになっている人を倒す必要がある。ただ自分の階級にいないかもしれない。運もあるよ。スターになるには強いだけじゃなくて人気も必要。イノウエのプロモーターとしてはそこが一番難しい。相手を作らなきゃいけない。

まとめ

まず初めに井上尚弥チャンピオン、井上チャンピオンの家族に対する名前や拓真選手が地味だと言ったことは本当に失礼です。公然と言っているため、侮辱罪と名誉毀損罪に当たるのではないでしょうか。

また「あと、話がつまらない。会見やインタビューも全然印象に残らない。名言もない。亀田家とは言わないまでも、本人も家族ももう少しキャラが立ってほしいですよね。母親が闘病中だった長谷川穂積だとか、誤審に苦しんだ村田諒太のようなドラマもないですし」と言っていますが、他の選手に対しても失礼ですし、長谷川選手のことに関しては道義的に許されない行為なのではないでしょうか。

 

海外の専門誌でも言っていましたが、たった1人の日本人の半日前に行われた試合を録画で流して視聴率を10%以上とれるスポーツが日本のどこにあるのでしょうか。(すでに動画投稿サイトなどには映像がアップされている状態でした。)

デイリー新潮らしく、綿密な取材に裏打ちされた確かな記事で既存のウェブメディアとは一線を画した「速く、深い」情報で、海外の専門誌とは全く違う意見ですね。

 

またこのボクシングライターの記事をデイリー新潮が許したのも驚きです。このボクシングライターは自分の名前を出さず、井上チャンピオンの名前を批判しています。

 

自分はノニト・ドネアと井上尚弥チャンピオンのフェイスオフで興奮と感動を覚え、こんな素晴らしいチャンピオン達がいるのかと驚いたほどです。

井上尚弥チャンピオンの品格やノニト・ドネアとのお互いを尊敬し合う行為がわからないようなボクシングライターならばボクシングの記事を書かない方がいいと思います。

 

自分はデイリー新潮側が井上チャンピオン陣営に謝るまで、デイリー新潮を許すことはできないです。

スポーツカテゴリの最新記事