ボクシング!WBSSバンダム級に井上尚弥が参戦!

ボクシング!WBSSバンダム級に井上尚弥が参戦!

ボクシング!WBSSバンダム級に井上尚弥が参戦!


©  Ohashi Boxing Gym/Fuji Television

井上尚弥とは?

井上尚弥 (異名: モンスター)

プロ戦績
元WBC世界ライトフライ級王者。
元WBO世界スーパーフライ級王者。
現WBA世界バンタム級王者。
世界3階級制覇王者。
15 戦 15 勝 ( 13 KO )全勝

高校史上初 アマチュア7冠
戦績81戦75勝(48KO・RSC)6敗

1993年4月10日(25歳)

ボクシング一家に生まれました。弟・井上拓真もボクシングをやっています。もうそろそろ世界挑戦をするのではないでしょうか。
そして父・井上慎吾さんが大橋ジムのトレーナーをしながら2人のメインのトレーナーをやっているようです。井上慎吾さんも昔アマチュアボクシングの選手だったようです。
井上尚弥選手は7年お付き合いされた女性と結婚し、お子さんもいます。あんなに強くてかっこよくてお金持ちなのに純愛を貫く井上尚弥選手を尊敬します。

WBSSとは?

各団体の世界王者らが集うワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS(World Boxing Super Series))というボクシングの団体を超えた夢のトーナメントです。

参加資格はWBA、WBC、IBF、WBOのいずれかの世界王者、または、世界ランキング15位以内。

ジャッジが少し普通のボクシングとは違います。通常ボクシングは3人のジャッジで勝ち・負け・ドローを決めるのですが、このWBSSはトーナメントであるため勝者を決めなければいけません。そのため3人のジャッジでドローになってしまった場合、4人目のジャッジが勝者を決めるシステムになっています。

 

ファン・カルロス・パヤノとは?

ドミニカ共和国出身。元WBA世界バンタム級スーパー王者。

1984年4月12日 (年齢 34歳)

プロ戦績
WBCラテンアメリカバンタム級王座
WBAフェデラテンバンタム級王座
NABA北米バンタム級王座
WBA世界バンタム級スーパー王座(防衛1)
IBO世界バンタム級王座
18戦 17 勝 ( 8 KO )1敗

地味でそこまで名も売れていない選手ですが、戦績は十分です。年齢の割に試合数が少ないのと現在の年齢が気になるところですね。

 

まとめ

井上選手が勝つ可能性は高そうな試合です。WBSSを開催してくれたことに感謝です。巷では世界チャンピオンが増えすぎて最近のボクシングはいまいちだとかよく聞きます。ですが、このWBSSのおかげで最高に楽しいボクシング界が出来上がりつつあると思います。各団体のチャンピオンたちがプライドをかけて戦うので白熱した試合を楽しみにしたいと思います。

 

井上尚弥vsファン・カルロス・パヤノは10/07(日)20:00~21:54フジテレビで放送されます。

井上尚弥次戦決定WBA,IBF統一戦イギリスで初ファイト!

スポーツカテゴリの最新記事