【ボクシング】井上尚弥WBSSグラスゴー結果!

【ボクシング】井上尚弥WBSSグラスゴー結果!

18日(日本時間19日)、ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)準決勝(スコットランド・グラスゴー)でWBA世界バンタム級王者井上尚弥(26=大橋)が、IBF世界同級王者エマヌエル・ロドリゲス(26=プエルトリコ)を2回1分19秒TKOで下し、決勝進出を決めた。

 

1R目はエマヌエル・ロドリゲスがプレッシャーをかけてきて井上尚弥が様子を見ていました。

 

2R目開始30秒、井上尚弥の右ボディからの左のショートフックでまずダウンを奪うと、解説は右のボディーと言っていたが、左のボディで2度目のダウン。ロドリゲスも立ってきたが、一気に詰めて3度目のダウンをラッシュからの左ボディーで奪いました。その後ロドリゲスは戦う意思がないとみなされレフェリーストップで井上尚弥のKO勝ちでした。

 

次戦はフィリピンの閃光ノニト・ドネアとの試合が決まりました。

お互いに尊敬し合っていて、フェイスオフの時も終始お互い笑顔で話しながらしていたのが印象的でした。

インタビューでも井上尚弥は、

「(ドネアは)スゴイキャリアがあって、すごく強い選手。これからどう戦うか、憧れていた選手で、戦えることは光栄です」

 

自分も1番見たかった試合。

チャンピオン同士気品溢れる2人で最高の試合が見れるのを楽しみにします。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

‪The Bantamweight Final is set!! 🙌‬ ‪🥊 @naoyainoue_410 🆚 @nonitodonaire ‬ ‪#InoueDonaire 🏆#AliTrophy ‬

World Boxing Super Seriesさん(@wbsuperseries)がシェアした投稿 –

スポーツカテゴリの最新記事