【ボクシング】井上尚弥vsノニト・ドネアの感想

【ボクシング】井上尚弥vsノニト・ドネアの感想

【ボクシング】井上尚弥vsノニト・ドネアの感想

3階級王者井上尚弥(モンスター)vs5階級王者ノニト・ドネア(フィリピンの閃光)との世界タイトルマッチがありました。

井上尚弥は現WBA,IBFバンタム級王者、ノニト・ドネアはWBAバンタム級スーパー王者のベルトとアリトロフィーを賭けた試合になりました。

 

2R目に井上尚弥の右目カットは驚きました。さすがドネアです。あのパンチで右眼窩底を骨折したようです。

 

9R目はドネアの右クロスをもらい井上尚弥の膝が落ちましたが、直後にクリンチに逃げようとしましたが、それをドネアはさせませんでした。

 

11R目は井上尚弥選手のアッパーからの左ボディでドネアがダウンしました。

ここでなぜか井上尚弥の追撃をレフェリーが阻害し、カウントも下でカウントしている関係者と違うカウントが進んでいました。

 

最後は抱き合って終了でした。

 

結果は井上尚弥の114-113、117-109、116-111の判定勝利でフィリピンのレジェンドに勝つことができました。

 

まとめ

今回の判定は井上拓真のフルマークフルマークの判定と井上尚弥のレフェリーの妨害とジャッジの117-109の謎でした。

確かにボディブローがローブロー(金的)に入ったと考えたかもしれませんが、その後のカウントは明らかに遅かったです。

しかし、この大きな試合レフェリーはあのタイミングでドネアが立ち上がってきた時、試合を止める勇気はなかったんだろうな。と思いました。

こんな世界が注目するほどの試合にはもう少し上手な審判団を使って欲しいものです。

井上尚弥チャンピオンは憧れの選手に勝ち、危ない状況にも対処できたのでさらに強くなりそうですね。

自分は昔からドネアのファンでもありましたので、ドネアの試合もまだまだ見たいです。

 

 

スポーツカテゴリの最新記事