【ボクシング】5階級制覇王者ノニト・ドネアvsステフォン・ヤング

【ボクシング】5階級制覇王者ノニト・ドネアvsステフォン・ヤング

WBSS(World Boxing Super Series)ワールド・ボクシング・スーパーシリーズの準決勝でノニト・ドネアと戦うはずだったWBO王者ゾラニ・テテが肩の故障のため欠場することになった。

そして代役に選ばれたのはこの日のアンダーカードでWBSSのリザーバーでもあったWBA5位ステフォン・ヤングに決定しました。

 

ノニト・ドネアとは?

ノニト・ドネア (異名:フィリピンの閃光(The Filipino Flash))

プロ戦績

IBF世界フライ級王座(防衛3=返上)

WBA世界スーパーフライ級暫定王座(防衛1=返上)

WBC世界バンタム級王座(防衛1=返上)

WBO世界バンタム級王座(防衛1=返上)

WBO世界スーパーバンタム級王座(防衛3)

IBF世界スーパーバンタム級王座(防衛0=返上)

WBC世界スーパーバンタム級ダイヤモンド王座

WBA世界フェザー級スーパー王座(防衛0)

WBO世界スーパーバンタム級王座(防衛1)

WBC世界フェザー級シルバー王座

WBA世界バンタム級スーパー王座(防衛0)

世界3階級制覇王者。
44戦39勝(25KO) 5敗

アマチュア戦績
戦績76戦68勝(5KO・RSC)8敗

1982年11月16日(36歳)

 

フィリピンの日本人にも有名な観光地チョコレートヒルズのあるボホール島出身です。

フィリピンのボクシング界ではマニーパッキャオに継ぐ第2の英雄です。フィリピン出身の人に「パッキャオも好きだけどノニト・ドネアが好きだよ。」というとノニト・ドネアを知っていることに驚かれますし、一気に仲良くなれます。

パッキャオほど有名ではないですが、5階級制覇した本物の世界チャンピオンです。

子供の頃は体が弱く、いじめも受けていました。日本の内藤大助チャンピオンに似ていますね。

そんな選手が5階級制覇のは並大抵の努力ではないと思います。またドネアは日本のことも好きなので、ますます応援したくなるボクサーです。

 

 

ステフォン・ヤングとは?

ステフォン・ローネル・ヤング

プロ戦績

NABA北米バンタム級王座

22戦18勝(7KO)1敗3分

アマチュア戦績
戦績99戦86勝13敗

 

アメリカのミズーリ州セントルイス出身です。

「このような立場になって夢のようです。涙を流して10分間歩き回っていたよ。」いきなりのWBSS本戦出場にかなり喜んだようです。

以前にWBA世界バンタム級暫定王座決定戦に出場しフィリピンのレイマート・ガバロに判定で大差で負けています。

 

まとめ

正直ボクシングファン、フィリピン好きな自分としては井上尚弥とノニト・ドネアの試合が見たかったです。

ドネアとテテが戦った場合ドネアが負ける確率もかなりありそうと思っていたので、楽な相手ではなさそうですが、ステフォン・ヤングに代わって少し確率が上がったのでは?と個人的には思います。

ドネアがステフォンに負けてしまったら目も当てられないでしょうが・・・。

フィリピンの伝説級のチャンピオンと日本のモンスターが戦うのを想像しただけで楽しみで仕方ありません。

スポーツカテゴリの最新記事