【バックパッカー】宿の選び方と探し方まとめ

【バックパッカー】宿の選び方と探し方まとめ

【バックパッカー】宿の選び方と探し方まとめ

 

バックパッカーの宿とは?

バックパッカーの宿は主に「ゲストハウス」や「ホステル」が一般的です。

ゲストハウスやホステルはホテルとは違い、1つの部屋に写真のようにいくつかのベットが置かれているのが一般的です。

今まで経験した宿の中で1番多くベッドがあった場所は軽く50ベットはありました。1つの部屋の中に50ベット以上は圧巻で端から端は見えないぐらいでした。

 

ゲストハウスやホステルではトイレやシャワーが共同の場所が多いです。部屋の中にある場所もありますし、部屋の外にある場合もあります。

他にもキッチンなどが宿泊者用に解放されていて食事を自分で作ることによって、旅行中の食費を節約できます。物価の高い地域にキッチンが利用できるところが多いです。

 

ゲストハウスやホステルはプライベートはほとんどありませんが、同室の人と交流や新たな出会いが生まれます。

 

宿の選び方は?

1.料金

まずは料金でホステルを絞って行くことが多いです。

アジアなら1人300円〜1000円のところに泊まることが多いです。2000円とかになると物価の安い国ならホテルとかに泊まれます。

ヨーロッパや北中南米なら1000円〜3000円以下のホステルに泊まることが多いです。

 

2.立地

次に立地を見ます。

観光地や街の主要な部分から遠いとせっかく安い宿に泊まっているのに交通費でお金がかかってしまいます。

安い宿は観光地に割と交通の便がいいところが多く、観光客も多いため治安も良い所が多いです。

近くにスーパーやレストランなどがあるとさらに良いと思います。

 

3.清潔感

次は清潔かどうかを重要視します。

ベットやトイレやシャワーのキレイさなどを見ます。

清潔感とは少し違いますか、ホットシャワーが出るか、ベットに虫がいないかを1番重点的に見ます。

 

暖かい地域だとホットシャワーがない宿や安い宿だと南京虫と言われるベットバグがいる場合があります。ベットバグのいるベットで寝ると身体中刺されて激しいかゆみに長いこと襲われます。

清潔感というかまずはベットを確認します。

 

4.口コミ、評判、レビュー

泊まった客の口コミやレビューはホテルのスタッフの話や写真より信用できます。

ドミトリーで一緒になった人に聞いたり、ホテル予約サイトのレビューで口コミを見てから行くとがっかりしなくてすむことが多いです。

 

ホテル予約サイト評価1とかは避けた方が良い宿だと思います。何かしら問題があるはずです。

その他にも泥棒宿と言ってスタッフが泥棒の宿も世界には珍しくありません。日本では考えれないことですが。

 

5.Wi-Fi

Wi-Fiがあるかどうかも結構重要かと思います。

旅の情報集めや友達や家族との連絡など必要です。

近くのカフェにWi-Fiを求めて行くのもめんどくさいのでWi-Fiがある宿を選ぶのが良いかと思います。

 

 

宿の探し方は?

1.ネットやアプリで予約

最近のバックパッカーの宿の探し方はネットやアプリで予約するのが当たり前になっています。

スマートフォン、パソコンのどちらかを持っていけばWi-Fiを使って世界中どこでもネットを使えます。

後進国にWi-Fiなんてあるの?と思いますが、日本ほどFreeでWi-Fiが使える場所が少ない国はあまりありませんでした。日本は外国人にとって旅しにくい国だろうな。と思ってしまうほどです。

 

おすすめのアプリはHotels.comです。

このHotels.comは10泊すると10泊分の平均額が無料になるというなんともバックパッカー向けのシステムがあります。

ちなみにほとんどの外国人旅行者はホテル予約サイトを使っています。彼らは外国がどれだけ危険かを知っています。使ってないのは日本人バックパッカーとクレイジーな外国人旅人くらいだと思います。

 

2.現地で歩いて宿を見てから決める

このスタイルの旅人も多いです。自分も昔はこのスタイルで旅をしていました。

いかにもバックパッカーっぽくて旅してる感満載の探し方で、値段交渉で安くなったり、ハズレのホテルを引く可能性は低いです。

 

しかし、この方法はおすすめしません。

ホテル予約サイトを使った方が安くなる可能性があります。Hotels.comのように10泊したら割引きや空いている部屋が多いホステルなどはサイトで見ると割引きされていることがほとんどです。

 

探す時間の無駄。ほんとこれです。知らない街で知らない宿を探すというのは時間もかかりますし、めちゃくちゃ疲れます。観光時間が短くなるだけです。

 

危険です。全ての荷物を背負っている日本人など外国人の悪い人から見たらネギを背負ったカモ、大金をくれるサンタクロースに見えていることでしょう。

 

3.客引きについて行く

これもバックパッカーは結構やっている人が多いと思います。

客引きについて行けばほぼ空室のあるホステルに行けます。

 

ただホステルからのマージン目当ての客引きも多いため自分で探した時より割高にされる可能性があります。

また英語が通じなくて高級ホテルに連れて行かれる可能性もあるので着いて行く前に料金を聞いた方が良いと思います。

 

4.観光案内所

どこの国にも観光案内所があります。

そこではその街の観光地やホテルなどを紹介しています。

ただホテルの紹介の数は少ないです。たまに予約まで取ってくれる観光案内所もあります。

いざとなったら聞いて見るのも良いかと思います。

 

まとめ

宿の選び方、宿の探し方を紹介しました。

現地に行ってから決めるスタイルも楽しいですが、おすすめはしませんし損をしているということは知っておいた方が良いと思います。

おすすめはホテル予約サイトを使って値段や立地やレビューを見て決めるのが良いと思います。

 

 

 

旅行カテゴリの最新記事